C++, STL, 赤黒木

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

最近、関数型言語で破壊型アクセスについてブレークスルーがあったという噂に騙されて、こんな本を読んでいます。

純粋関数型データ構造

それでまぁ、前書きでいきなり「破壊的アクセスは未解決じゃ、ワハハ」的なことが書かれていて傷心しながら読み進めると、赤黒木が出てきました。

「あ~STLとかのコンテナの実装で使うやつね?」と思い、Kindle Unlimitedで絶賛読み放題中の「Cマガ」をひっくり返していると2000年10月号が出てきました。

Microsoft Edge 2019.10.05 22_43_23.png

金子勇 氏、エピステーメー氏、結城浩氏、など懐かしい名前がたくさん出てきました。

私などは、C++でSTLを積極的に使っていたのはエピステーメー氏の教えをうのみにしたからなので、この目次は感慨深かったです。

ただ、私が赤黒木の解説を読んだのはこれではなくOh!X辺りだった気もしています。