IronPythonって

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

開発とまってるんですかね?

PythonとC#のバインディングを考えるくらいなら、IronPythonでやればいいか、と気楽に考えていたのですが、公式サイトを見たら正式リリースは1.5年くらい前の2014年末が最後なんですね。

IronPython.net -

December 6, 2014

IronPython 2.7.5 is now available!

今日まで知らなかったのですが、IronPythonとJyPythonて同じ人がcreatorなんですね。

Jim Hugunin - Farewell to Microsoft

上記サヨナラ記事は2010年当時のもので、MSは地道にironPythonのメンテを続けていたように見えます。

ironRubyとは違って。

IronRuby はご臨終でしょうか - - Qiita

IronRubyとIronPythonはどちらもDLRに依存しているので、DLR自体が止まっているぽい現在、この先はないのか、.NETのマルチプラットフォーム展開でリソースが食われているだけなのかよくわかりませんな。

 

私自身のPythonウォッチは、以下の2008年くらい以降なので、よくわからないです。

STLが使えないワケ - IGINブルネイ-syasudaの日記(MT版)

 

IronPython自体はうまく.NETとつながっていたみたいで、ファンも多そうです。

Let’s Ensure IronPython’s Future - Business Rules Guy

 

あとはMS次第ということなんでしょうけど。

プログラムの中でスクリプト(動的言語)が使えると強力ですよねぇ。典型例が古典的なVBAだと思うんです。あの手軽さをC#/VB.NETで各自のアプリに組み込めたらみんな幸せになると思うんですがねぇ。